2017.10.11

楽天、NBAの国内独占配信権を獲得…会員向けに視聴サービス開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)とNBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)は10日、複数年のパートナーシップ契約を締結し、日本国内でのNBAの独占的な放映・配信パートナーと、グローバルでのマーケティングパートナーになったと発表した。北米スポーツリーグとのパートナーシップは今回が初。  

 

NBAの購読型パッケージサービスを開始

 楽天では今シーズン中にも、NBAの試合がインターネットで視聴できる購読型サービス「NBA LEAGUE PASS」を楽天会員向けに開始。同サービスでは、NBAのプレシーズンやレギュラーシーズン、プレイオフ、NBAオールスター、NBAカンファレンスファイナル、ファイナルに加え、その他の独自コンテンツも視聴できる。さらに週9試合(平日1日1試合、週末1日2試合)が視聴できる購読型パッケージサービスを「Rakuten TV」で提供する。申し込みはNBAの公式サイト「NBA.com」や公式アプリ「NBA App」、楽天の動画配信(VOD)サービス「Rakuten TV」から行う。

1 2

関連記事