2017.8.7

楽天Q2は大幅増益、国内ECの営業利益がプラスに転換

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)楽天が7日発表した2017年12月期第2四半期(1~6月)連結決算は、売上高が前年同期比19.3%増の4400億9000万円、営業利益が同39.2%増の686億1600万円、四半期利益が同49.4%増の403億1500万円となった。

 

 

ネットサービスの利益がFinTechを上回る

 各種販促活動などでインターネットサービスとFinTechともに増収となり、国内ECの営業利益が四半期ベースで2年ぶりにプラスに転じた。

1 2

関連記事