フリマアプリ「フリル」、手数料無料化・CMで出品数78%増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グラフ (株)Fablicが1日発表したフリマアプリ「フリル(FRIL)」の成長レポートによると、10月に開始した手数料無料化とテレビCMによって、10月出品数が前月比78%増、取扱高は同66%増に拡大したことがわかった。

 

 同社はより多くの人にCtoCを楽しんでもらうことを目的に、10月から出品商品の販売手数料を無料にしたほか、テレビCMも開始。その後、出品数は10月が同78%増、11月が同35%増に拡大した。また、取扱高は10月が同66%増、11月は63%増となり、手数料無料化とテレビCMで向上した成長度合いが11月も継続していることが明らかになった。  カテゴリー別の販売件数は、1位が「ファッション」(57%)で、2位が「コスメ/美容」(14%)、3位が「キッズ/ベビー」となった。累計ダウンロード数は600万件(11月末時点)。

 

 ■FRIL成長レポート

関連記事