2016.7.29

ヤフー第1四半期、売上高84%増・EC国内流通総額は38%増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリップボード01ヤフー(株)が28日発表した2017年3月期第1四半期(4~6月)決算は、売上高が前年同期比84.7%増の2042億6000万円、営業利益は同3.5%増の508億7700万円、四半期利益は同6.4%増の355億800万円となった。 前期にアスクル(株)を連結子会社したことと、ディスプレイ広告の売上が増加したことで大幅増収となった。利益面では、先行投資を継続しながらも、「ヤフオク!」や「Yahoo!ショッピング」などのコンシューマ事業の売上高が大きく伸長したことで、増益となった。

 

 コンシューマ事業は、「Yahoo!ショッピング」での広告売上の増加や、前期のアスクル(株)子会社化の影響で、売上高が同254.9%増(同3.5倍)の1240億円、営業利益は同12.8%増の201億円となった。同事業が全売上に占める割合は60.7%となった。

1 2

関連記事