「お試し購入→定期購入」のトラブルが4年で10倍に急増…国セン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image(独)国民生活センターは16日、ホームページやSNSの広告で、お試しのつもりで通常より安い商品を購入したが、実は定期購入契約だったというトラブルが急増しているとし、ホームページで注意喚起した。

 

 通信販売では、「お試し価格」「初回無料」などとうたった健康食・化粧品・飲料の定期購入に関する相談が年々増加し、2011年度以降、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)に1万1812件寄せられている。15年度の相談件数(5620件)は、11年度(520件)の10倍以上に急増している。

1 2

関連記事