2016.3.16

ホームロジ、段ボール包装機「ボックスオンデマンドシステム」導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image(株)TANA-X(タナックス)は15日、商品サイズに合わせた段ボールを製造する段ボール包装機「ボックスオンデマンドシステム」を、(株)ニトリホールディングスの物流会社(株)ホームロジスティクスに導入し、稼働を開始したと発表した。

 

 「ボックスオンデマンドシステム」は、発送する商品のサイズに合わせた段ボールを製造する段ボール包装機。蛇腹状に折りたたまれた段ボールシート「パタダン/PATADAN」を、罫線・カット・スリット加工することで包装ケースを製造。特殊なサイズの被包装物が簡単に包装でき、大きすぎる段ボール箱に大量の緩衝材を詰める必要もなくなる。通販商品の個別注文に対応できるシステムとして、作業時間の削減、積載や輸送の効率向上、資源削減などが期待できる。

関連記事