2016.1.12

ジャパネット、高田明氏ラスト出演で30時間生放送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロゴ(株)ジャパネットたかたは15日、30時間生放送テレビショッピング「楽しいのが ジャパネット」を放送する。高田明前社長は、最後のテレビ出演番組となる。

 

 「楽しいのが ジャパネット」は、グループ創業30周年記念した30時間の生放送番組。吉本興業とのコラボショッピングや日本横断中継企画など、バラエティ溢れるコンテンツで構成。「おさんぽジャパネット」のコーナーは、髙田氏自らが日本を歩き、人と触れあい、「日本の素晴らしい」を探すロケ番組となっており、今回は長崎篇とし五島列島を紹介する。また、「髙田明 セレクション! プレイバック30年の歴史」コーナーでは、これまで髙田氏が紹介した商品のヒットランキングを発表する。

 

 放映時間は、15日午前11時~16日午後5時。放送チャンネルは、ジャパネットチャンネルDX(J:COM/イッツコム/eo光/スカパー 524ch/ひかりTV 152ch 他)。同社によると、高田明氏は15日でスタジオからのテレビショッピングから引退するが、「ロケ出演の可能性はある」としている。

関連記事