キャリアカレッジ、措置命令に基づき景表法違反を公示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

(独)国民生活センターは3日、(株)キャリヤカレッジジャパンが消費者庁の措置命令に基づく公示を、新聞広告欄に掲載したと発表した。同社は3月20日、同社のホームページに、通信講座の割引期間に関する表示違反があったとして、消費者庁から景表法に基づく措置命令を受けていた。

 

公示内容は下記。 弊社は、弊社が一般消費者に提供する通信講座に係る役務(以下、「本件役務」という。)を一般消費者に提供するに当たり、弊社のウェブサイトにおいて、例えば、平成26年7月1日から同月31日までの間、「ハッピーサマーキャンペーン」、「今なら全講座1万円割引」、「資格取得を受講料割引で強力サポート!」、「キャンペーン期間2014年7月1日(火曜)→7月31日(木曜)まで」と記載するなど、あたかも、当該期間において受講を申し込んだ場合に限り、正規受講料から1万円の値引きをするかのように表示しておりましたが、実際には平成22年5月25日から平成26年7月31日までのほとんどの期間において、正規受講料から1万円の値引きをするキャンペーンを実施しておりました。

1 2

関連記事