2013.2.25

Oh My Glasses 国内初、鯖江のブランドメガネをECで扱うことに成功 全国600店舗のメガネ店と提携し、メガネECの弱みを克服

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

2011年7月に創業したメガネのECサイト「Oh My Glasses」を運営するオーマイグラス株式会社(旧社名:ミスタータディ)の快進撃が止まらない。現在の取扱商品数は、100ブランド、約3000種類と日本最大級の品揃えを誇る。また、売上高は非公開であるが、毎月20%を超える成長率を維持している。成長を支える要因として、メガネECが持つ“弱み”を、“強み”へと変換する、同社独自の戦略がある。20代、30代の若き経営陣が支える「Oh My Glasses」。その戦略とは。

日本のモノづくりを、ビジネスを通じて元気にしたい

オーマイグラス株式会社は、現在30歳の清川忠康取締役CEOと、29歳の六人部生馬取締役COOの2名が立ち上げた。 清川氏は、慶応大学卒業後に米インディアナ大学大学院に留学し、帰国後、UBS証券投資銀行に入社。経営共創基盤を経て再びスタンフォード大学に留学し、MBA取得という経歴をもつ。六人部氏は新卒でソフトバンク株式会社に入社し、企業買収、資金調達などを手がける部門に所属。その後、UBS証券投資銀行部門を経て、消費者の行動履歴の分析を行うサイジニアに転職し、経営企画室長として社長と二人三脚で同社の経営を担ってきた。 2人は「日本のモノづくりを、ビジネスを通じて元気にしたい」という同一の目的を果たすため、手を組み起業を決意した。ジーンズ、ニット、シャツなどのアパレル商材を中心に、国内のプレイヤー数、市場の伸びしろ、規模感などさまざまリサーチをしていく中で、最もメガネに可能性があることに気づき、メガネのECでチャレンジすることにした。リアルではなく、ECを選んだ理由について、六人部氏は次のように説明する。 「欧米では、EC企業に投資家から資金が流れている傾向があります。中国も同様で、非常に伸びている市場です。しかし日本は、数億円程度の売上規模にとどまっているところが多く、他国に比べて遅れているという印象がありました。つまり、これはまだ参入余地があるだろうと判断したんです」。

1 2

関連記事