EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.09.20 ECモール

ラクマ、コメなど農産物の取引流通額が6倍に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は19日、同社が運営するフリマアプリ「ラクマ」で取引される米や野菜などの農産物についての調査結果を発表した。「ラクマ」では農産物の取引流通額が昨年同月対比で6倍に拡大している。

 

 

コメやミカンの出品が多い傾向に

 同調査によると、「ラクマ」の農産物取引流通額はこの1年間で大幅に拡大。最も取引が活発になる時期は11~12月で、米やみかんが多く出品されるという。その他の平常月についても出品の増加が見られ、主要農産物の野菜・米・果物の総流通額は、17年・18年3月の同月対比で6倍となった。フリマアプリの活用が多様化し、不用品の売買だけでなく、生産者との直接取引の場としても活用されている。

!nextpage!

米は4.8倍、果物5.9倍、野菜11.9倍に

 

 またカテゴリ別では、17年・18年3月の同月対比で米が4.8倍、果物が5.9倍、野菜が11.9倍となった。米や果物は単一商材の箱買いが多かったのに対し、野菜は多品目を詰め合わせたセットが数多く取引されている。形が一定でないなどの理由で正規品として市場に卸すことのできないB級品も人気を得ている。

 

 

 「ラクマ」で取引される農産物の中で、最も取引流通額が大きい品目は「米」で、同社の調査によると、「ラクマ」の平均購入価格は、一般小売と比較するとに比べて1キロあたり75円ほど安いことが判明。1人あたりの年間米消費量が55.2kgであると仮定すると、「ラクマ」で年間を通して米を購入することで、1人あたり年間4140円の節約になるという。

 

 また「ラクマ」では、女性就農者の地位向上や活躍の場をサポートする「農業女子プロジェクト」(農林水産省推奨)の参加メンバーとともに、「ラクマ ファーマーズマーケット」を運営。現在21人が参加し、同プロジェクトを紹介する特設サイトでは、就農のきっかけや栽培のこだわりなど、生産者の顔や農業にまつわるストーリーなども紹介している。販売品は主に米や果物・野菜で、6次産業化を目指す加工品の販売も行っている。

 

ラクマ ファーマーズマーケット

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。