EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.09.04 ECモール

京東商城、日本初のオペレーション拠点「購買センター」開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国のEC大手「京東商城(JD.com)」を運営する京東集団は3日、日本で初となるオペレーション拠点「購買センター」を開設した。同日、東京・赤坂ではセミナー「中国マーケットの攻略法」も開催した。

 

(※東京・赤坂で開催したセミナー「中国マーケットの攻略法」のようす)

東京・北京間の効率の良いオペレーションを実施

 購買センターは、日本企業が中国EC市場により参入しやすくするために、東京・北京間でスムーズな交渉と効率の良いオペレーションを行う専門チーム。日本に拠点を開設することで、国内企業から商品を直接購買できるようになり、大量かつ安定した仕入れ環境を構築することが可能となった。また、日本企業に適した契約を締結し、最適な価格で中国の顧客に商品を輸出することが可能となる。

!nextpage!

 同社では大手ブランドに限らず、中国での知名度が低い地方特産品を含めたブランドを発掘する考えで、店作りやプロモーションをプロデュースすることで、広く中国市場に日本製品をアピールする場を提供したいとしている。日本での仕入高については1年後、2倍に増やすことを目指している。

 

王高級副総裁「JDで扱う商品の20%は日本品」

 同日、東京・赤坂ではセミナー「中国マーケットの攻略法」も開催された。セミナーに登壇した同社高級副総裁の王笑松氏は、「JD Worldwideで扱う商品の20%は日本の商品。京東では正規品を取り扱っており、3億人以上のユーザーに日本の高品質な商品を提供してほしい」とコメント。

 

(※京東集団の高級副総裁の王笑松氏)

 

 京東物流の韓鎏氏は「京東は世界で38の物流拠点を持っており、今後日本でも物流拠点を持つ予定だ。スマート通関ルートとスマートサプライチェーンサービスにより、ワンストップ物流で商品を輸出することも可能で、中国だけでなく他の国でも商品を販売したい」と話した。

 

(※京東物流の韓鎏氏)

 

 京東日本最高責任者の荒井伸二氏は「日本と中国の距離は縮まっており、日本で流行ったものはすぐに中国でも流行る。日本に購買センターを設置したことで、日本に適した契約内容・法律・ビジネススタイルにあった契約内容で、直接京東と契約することが可能となった」と語った。

 

(※京東日本最高責任者の荒井伸二氏)

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。