2019.10.9

情報入力中にポップアップ表示!Amazon PayにWEB接客機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンジャパン合同会社は8日、Amazonのアカウントでログイン・決済ができる決済サービス「Amazon Pay」の新機能『Web接客型Amazon Pay』の提供を開始した。ECサイトで、新規の利用者がより少ない情報入力で買い物ができる新機能だ。利用者の利便性向上や入力フォームの離脱率改善につながると、同日から多くのパートナー企業が対応した。

 

情報入力中にポップアップでAmazon Payを案内

 Amazon Payは、初めて利用するECサイトでも、Amazonアカウントを持っていれば面倒な情報入力は不要。Amazonアカウントに登録されている配送先情報やクレジットカード情報を利用して買い物できるID決済サービスだ。

 

 『Web接客型Amazon Pay』では、配送先情報やクレジットカード情報の入力フォームに実装したポップアップウィンドウを表示させ、Amazonアカウントを使って簡単にログイン・支払いが可能になる。チャットボットを利用している通販サイトでは、WEB接客型のチャットツールが適切なタイミングでAmazon Payを案内し、利用につなげる。

 

 これにより、情報入力に負担を感じているユーザーに快適な買い物体験を提供でき、サイト運営事業者は、新規顧客の利便性を高めることができる。併せて、入力フォーム離脱率の改善が期待でき、Webチャット上でスムーズな決済を提供することも可能としている。

 

PC・スマホはもちろん、チャットフォームでも利用可能

 『Web接客型Amazon Pay』の表示例は次の通り。

 

・スマートフォン 

(1)購入方法選択画面で「会員登録せずに購入」を選択 (2)入力フォーム画面で、簡便な購入方法を案内するメッセージが適切なタイミングで登場(3)さらに、Amazon Payによる簡単な購入体験を提案するポップアップウィンドウが登場 

 

 

・PC 

(1)購入方法選択画面で「会員登録せずに購入」を選択(2)入力フォーム画面で、Amazon Payによる簡便な購入方法を提案するポップアップウィンドウが登場

 

 

・チャットボット  

 チャット型のウェブ接客ツール内でも、適切なタイミングでAmazon Payを案内、決済作業が行える

 

 

メイクショップなど各種カート・ツールですでに導入可能に

 同日から新機能に対応する主なパートナー・サービス名とコメントは次の通り。

 

・GMOメイクショップ(株) (ECプラットフォーム「MakeShop」)

 ネットショップ構築ASP「MakeShop」は2016年から「Amazon Pay」に対応。多くのショップ運営者の導入で、「Amazon Pay」経由の流通額は大きく成長している。「Web接客型Amazon Pay」を、「Amazon Pay」を導入する全ショップに標準装備する。これにより、Amazonアカウントを持つ購入者の決済画面での離脱を防ぎ、コンバージョン率の改善が期待できる。

 

 

 

・(株)プレイド (顧客体験プラットフォーム「KARTE」)

 「KARTE」を通じて、より良い顧客体験(CX)を実現したいと考えており、顧客の文脈に合わせて訴求できるポップアップ機能として実装した。オンラインショッピングにおける購入時の登録など、利用者が不便を感じるタイミングに合わせた訴求により、EC事業者は成約率の向上に向けた施策のひとつになる。

 

・Emotion Intelligence(株) (ウェブ接客ツール「ZenClerk」)

 当社のウェブ接客ツールは、利用者による購入や申込みの体験を、より快適なものにするサポートをしている。今回の対応で決済直前の煩雑なフォーム入力によるカゴ落ち軽減と新規顧客の獲得が期待でき、ECサイト事業者のさらなるる売上拡大に寄与していく。

 そのほか対応カートやツールは下記。

 

 ・(株)SUPER STUDIO (EC基幹システム「EC Force」)
 ・(株)テモナ (ECプラットフォーム「サブスクストア」)
 ・(株)PROFESSY (チャットボット「qualva」)

 ・(株)Sprocket (ウェブ接客ツール「Sprocket」)
 ・(株)イー・エージェンシー (マーケティングオートメーションツール「CART RECOVERY」)

関連記事