2019.7.31

ANAなど5社がドローン配送実証実験、海上・2路線同時は国内初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ANAホールディングス

ANAホールディングスは30日から8月2日まで、LINE Fukuoka(株)ら4社および福岡市と共同で、配送用ドローンを活用した宅配サービスの検証を実施する。今回の実験は、日本初の2路線同時補助者なし目視外飛行で行われ、LINEで注文した海産物を、福岡市西区内の玄界島のヘリポートから、同区内のキャンプ場と糸島半島の活魚料理店に配達する。

 

ANAホールディングス 参加企業は、ANAホールディングス、LINE Fukuokaのほか、(株)自律制御システム研究所、(株)NTTドコモ、(株)ウェザーニューズの計5社。

 

玄界島産アワビ・サザエをLINEで注文

 実験ではまず、LINE公式アカウント上で現在地を設定し、メニューの中から希望の商品と数量を選択(※今回の実験では玄界島産アワビ/サザエ0.9kg以下)。LINE Pay(株)の決済サービス「LINE pay」で決済する。

 

ANAホールディングス

 

 注文された商品は、福岡市西区の玄界島ヘリポートから、配達先となる能古島キャンプ村と「活魚茶屋・ざうお本店」に向けて配送。飛行距離はキャンプ村までが10.3km、料理店までが6.4km。3日間で合計5回(予備2回)実験を行う。

 

ANAホールディングス

1 2

関連記事