2019.6.6

楽天ペイとSuicaが連携、QRコード決済が進化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天ペイメント(株)と東日本旅客鉄道(株)は5日、キャッスレス決済事業で連携し、2020年春からスマートフォン決済アプリ「楽天ペイ」内で、JR東日本の交通系ICカード「Suica」が利用できるようになると発表した。

 

(左)JR東日本の野口忍常務、(右)楽天ペイメントの中村晃一社長

 

「楽天ペイ」+「Suica」が移動時のキャッシュ化をカバー

 国内トップの共通ポイント「楽天スーパーポイント」が利用できる決済サービス「楽天ペイ」と、国内で最も利用されている交通系ICカード「Suica」が連携することで、キャッスレス決済の利便性が飛躍的に向上することになりそうだ。

 

 今回の連携で、楽天ペイで発行した「Suica」によって、全国の鉄道5000駅、バス5万台、交通系電子マネーが利用できる約60万店舗で、楽天ペイでの支払いが可能となった。また、「楽天ペイ」アプリに登録する「楽天カード」から「Suica」にチャージすれば、楽天スーパーポイントを貯めることもできる。今回の対象端末は「おサイフケータイ」に対応したAndroid端末。

1 2

関連記事