2019.4.26

ヤフー通期決算は増収減益、PayPayへの投資で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフー(株)が25日発表した2019年3月期連結決算は、売上収益が前期比6.4%増の9547億1400万円、営業利益が同24.4%減の1405億2800万円、純利益は同40%減の786億7700万円となり、サービス開始以来22期連続となる増収を継続した。その一方で「PayPay」への積極的な投資の影響もあり、3年連続で減益となった。

 

(決算資料より抜粋)

 

PayPayへの積極投資で183億円の投資損益

 増収は主に広告売上収益や、アスクルグループの売上収益が増加したこと、(株)ジャパンネット銀行の子会社化が寄与したことによるもの。一方、営業利益は販売促進費・減価償却費・償却費・人件費の増加や、子会社のアスクル(株)で36億円、シナジーマーケティング(株)で23億円の減損損失をそれぞれ計上したことにより減益となった。純利益は「PayPay」への積極投資により183億円の持分法投資損益を計上したことにより大幅な減益となった。

1 2

関連記事