2018.10.12

セブン&アイHD2Q、EC売上は8.3%増の570億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)セブン&アイ・ホールディングスが11日発表した19年2月期第2四半期(18年3~8月)決算は、営業収益が前年同期比11.9%増の3兆3435億円、営業利益が同2.6%増の1996億円、純利益が同13.3%増の1兆13億円で、過去最高となった。

 

EC売上は好調、ネットスーパーは売上減

 このうちECモール「omni7」を経由したEC売上は、同8.3%増の570億6400万円となった。内訳は「セブンネットショッピング」が同20.9%増の128億700万円、「セブンミール」が同14.7%増の149億7700万円、「イトーヨーカドー」で同31.2%増の24億9900万円、「アカチャンホンポ」が同4.3%増の30億5300万円などとなっている。「イトーヨーカドー」のネットスーパーは、同2.5%減の213億2300円だった。

 

ニッセンは再び赤字に

 (株)ニッセンホールディングスでは、第1四半期に子会社のシャディ(株)などの全株式を(株)ロコンドへ譲渡した影響により、売上高は同51.1%増の266億4700万円、3億9300万円の営業損失(前年同期は20億1300万円の損失)となった。第1四半期は黒字だったが、再び赤字決算となった。販売費と一般管理費は57.1%増の111億9100万円。なお、シャディなどの影響を除外した場合の数値は、売上高が同36.6%増の190億5900万円、営業損失が1億2900万円となっている。

 

関連記事