2018.10.12

セブン&アイHD2Q、EC売上は8.3%増の570億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)セブン&アイ・ホールディングスが11日発表した19年2月期第2四半期(18年3~8月)決算は、営業収益が前年同期比11.9%増の3兆3435億円、営業利益が同2.6%増の1996億円、純利益が同13.3%増の1兆13億円で、過去最高となった。

 

 

EC売上は好調、ネットスーパーは売上減

 このうちECモール「omni7」を経由したEC売上は、同8.3%増の570億6400万円となった。内訳は「セブンネットショッピング」が同20.9%増の128億700万円、「セブンミール」が同14.7%増の149億7700万円、「イトーヨーカドー」で同31.2%増の24億9900万円、「アカチャンホンポ」が同4.3%増の30億5300万円などとなっている。「イトーヨーカドー」のネットスーパーは、同2.5%減の213億2300円だった。

1 2

関連記事