主婦の5割、「在宅時間を確認した上で再配達して欲しい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しゅふJOB総研、「仕事で不在時の宅配利用」を調査

 (株)ビースタイルが運営する、主婦に特化した人材サービス「しゅふJOB」の調査機関であるしゅふJOB総研が4日発表した「仕事で不在時の宅配利用」に関する調査によると、不在時に宅配が来て荷物が受け取れなかった場合の対応として、「在宅時間を確認した上で、再配達して欲しい」と答えた人が約5割に上ることが分かった。

 

不在時の対応、「宅配ボックスに入れておいてほしい」が4割弱

 同調査によると、仕事で不在だったことが理由で、宅配の荷物を受け取ることができずに不便を感じたことが「ある」と答えた人は69.1%だった。

 

 

 

 また、不在時に望む対応としては、「在宅時間を確認した上で、再配達して欲しい」(50.6%)、「自宅の宅配ボックスに入れておいて欲しい」(37.8%)、「最寄りのコンビニで預かって欲しい」(31.1%)など意見の割合が高かった。

 

 

 

 このうち不便を感じたことが「ある」と答えた人は「在宅時間を確認した上で、再配達して欲しい」と答えた人が55.2%を占め、不便を感じたことが「ない」と答えた人では「自宅の宅配ボックスに入れておいて欲しい」との回答が52.1%に達している。

1 2

関連記事