2018.7.31

「アレクサ、赤十字で100円寄付して」、音声で被災地支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonと日赤、災害に関するパートナーシップ協定を締結

 

 アマゾンジャパン合同会社は30日、認可法人日本赤十字社と災害に関するパートナーシップ協定を締結し、AIスピーカー「AmazonEcho」に呼びかけるだけで義援金の寄付が可能になるAlexaスキルの提供を開始した。募金は「AmazonPay」の仕組みを通じて行われる。

 

左からアマゾンジャパンの渡辺弘美氏とジャスパー・チャン氏、日本赤十字社の大塚義治副社長と山本孝幸氏

 

Amazonエコーに呼びかけるだけで西日本豪雨に義援金寄付

 今回締結した協定は、Amazonのあらゆるサービスやテクノロジーを活用し、日本赤十字社の災害に関する活動強化が目的。両社の緊密な情報交換や連携協力を推進する。協定による連携協力の分野として、クラウドコンピューティングサービスを活用した災害時の情報通信、電子決済サービスを利用した寄付受付体制の整備、音声認識技術を利用した情報の発信及び寄付受付体制の整備、情報技術・流通技術等の利用による赤十字活動の充実などを想定しているという。取り組みの一環として、Amazonエコーによる日赤への義援金寄付の音声注文を可能にするアレクサスキルの提供を開始した。

1 2

関連記事