2018.5.14

ベルーナは純利益66.6%増、物流費の影響で通販事業が減益

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ベルーナが11日に発表した2018年3月期連結決算(17年4月~18年3月)は、売上高が前期比10.7%増の1616億7300万円、営業利益が同19.5%増の130億800万円、純利益が同66.6%増の96億6500万円となった。

 

 

物流などの影響で通販関連セグメントは減益傾向に

 全体では、売上高が前年比10.7%増と予想を超え、営業利益も予測を達成した。経常利益は為替関連損益の影響により下振れしたものの、純利益は予想を上回った。不動産の売却などにより「プロパティ」セグメントの利益が大幅に向上し、全体の利益を押し上げた。

 

1 2

関連記事