2018.4.24

国内繊維商社の豊島、インドネシア最大級のECモールに出資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

繊維専門商社の豊島(株)は20日、自社の運営するCVCファンドを通じ、インドネシアのファッション&ビューティーECモール「VIP PLAZA INTERNATIONAL PTE. LTD.」(VIP PLAZA)の第三者割当増資の引き受けを行ったと発表した。同社のCVC事業では初の海外案件となる。

 

 

「VIP PLAZA」から東南アジア進出を支援

 VIP PLAZAは会員数104万人を誇るインドネシアで最大級のファッション&ビューティーECモール。現地ブランド約1200を取り扱っている。両社は今回の業務提携により、日本のファッションブランドがVIP PLAZAを通して東南アジアへのEC出店する仕組みを構築・運用することで合意した。VIP PLAZAは今回の資金調達により広告宣伝予算を増額し、会員獲得と売上の拡大を図る。

 

 インドネシアの人口は東南アジア最大の約2億6000万人で、近年の経済発展で中間所得層の厚みが増すなど消費市場が急速に拡大、伝統的な小売店舗からデパートなど近代型店舗へと流通チャネルの転換が進んでいる。さらに今後は、インターネット上での購買が急速に伸びていくことが予想される。

 

 また、インドネシア市場では高品質でファッション性の高い日本の衣料品への関心が高まっており、同社では物流や決済など出店・運用における負荷を軽減する仕組みをVIP PLAZAに提案することで、成長市場への販路拡大を支援する考え。

 

■PT.VIP PLAZA

 

■豊島

関連記事