「PAY.JP」、プラットフォーム運営会社に決済サービス提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAY(株)は2日、マーケットプレイスをはじめとするプラットフォームを運営する企業を対象に、クレジットカード決済機能からプラットフォームサービス利用料の代行回収まで対応する「PAY.JP Platform」を4月中に提供開始すると発表した。

 

 

回収・入金・清算・クレカ加盟店審査まで代行

 「PAY.JP Platform」は、プラットフォーマーの各加盟店への売上精算を代行し、プラットフォーム利用料の代行回収をする決済APIサービス。入金・精算をはじめ、クレジットカード決済導入に必須となるプラットフォーム加盟店の審査を「PAY.JP」が代行する。

 

プラットフォーマーは、加盟店ごとにAPIで「PAY.JP」アカウントを作成するだけで済むほか、各加盟店の審査状況や売上はすべてAPIおよびダッシュボードで確認できるため、効率的に店舗管理が行える。

 

 同サービスへの申し込みは「PAY.JP Platform」のWebサイトの「導入希望フォーム」で受け付けている。料金は「PAY.JP」と同料金体系で、業態により適応されるプラン(料金)が異なる。

 

 なお、「PAY.JP」の安全基準は、クレジットカード業界のグローバルセキュリティ基準「PCI DSS」Ver3.2に準拠しており、カード番号をトークン化するなど、プラットフォーマーのカード番号の非保持・非通過を実現している。

 

「PAY.JP Platform」

関連記事