2018.3.14

物流変革へ…楽天技研とマリタイム、無人貨物船の共同研究を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天技術研究所とマリタイム・ロボティクスは13日、無人貨物船の共同研究の実施について合意し、無人水上艇(USV)を活用した運搬・輸送の研究を行うと発表した。

 

 

 同研究で、楽天技術研究所はコンピュータビジョンと物体認識、意思決定AI、物流最適化の各分野を担当。マリタイム・ロボティクスは制御・センサーシステム、通信・制御室システムなどを担当する。

 

無人水上艇を陸上輸送の代替手段へ

 現在の物流網はトラックによる陸上輸送が中心で、多くの人材、道路・トンネル・橋梁などのインフラを必要としているだけでなく、環境汚染や渋滞の原因となっている。今回の共同研究では、こうした物流問題の解決策としてUSV利用の可能性を探求する。

 

1 2

関連記事