もしSNSに商品購入ボタンがあったら、利用者の4割超「ポチる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ジャストシステムが2月28日に発表した「Eコマース&アプリコマース月次定点調査/2017年度総集編」によると、「Instagram」「Twitter」利用者の4割超が「SNS上に商品購入ボタンがあったら使いたい」と答えていることが分かった。

 

 

40代女性で「スマホでEC」派が急増

 同調査は、全国の15歳~69歳の男女1100名を対象に実施したインターネット調査(調査機関:「Fastask」)によるもので、調査期間は17年4~12月。総集編では、2017年度のEコマース&アプリコマース関連分野における主なトピックスをまとめている。

 

 EC利用時のデバイスが「スマートフォン」と最も多く回答したのは、17年4月度調査時点では、10代と20代の男性(それぞれ62.5%、66.1%)、10代と20代、30代の女性(それぞれ80%、86.8%、75.5%)だったが、10月度調査で40代女性に変化が見られ、「パソコン」が47.7%、「スマートフォン」が77.3%と順位が逆転した。その後、11月、12月と「スマートフォン」が「パソコン」を上回る状態が続き、この頃40代女性でスマホシフトが進んだ様子がうかがえる。

1 2

関連記事