EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.12.19 通販支援

オープンロジとECMSが提携、台湾など越境EC配送を割安に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
物流プラットフォームを運営する(株)オープンロジは18日、アジアを中心に国際物流サービスを展開する(株)ECMSジャパンと、越境EC支援の強化を目的に業務提携し、オープンロジ上で利用可能な配送手段にECMSが加わったと発表した。
 

WMS導入で海外物流も簡単に!


 また、オープンロジの倉庫管理システム(WMS)もECMSと連携を開始し、倉庫事業者は WMSの導入で、より簡単に海外発送の物流業務を行えるようになった。

 越境ECは継続的な伸びが予想されている一方で、事業者には海外配送の手間やコストが課題となっている。オープンロジも以前からEMSなどを用いた海外発送代行を通じて国内事業者の越境ECを物流面から支援してきたが、需要の高まりを受け、一層の支援強化の必要性を感じていたという。

台湾向けに「B2Cダイレクト」導入


 こうしたことから、ECMSが提供する越境ECに特化した配送サービス「B2Cダイレクト」を、 オープンロジ上で利用できる割安な台湾向け配送手段として導入。梱包から出庫までをオープンロジが、日本から台湾への通関、海外配送をECMSが担うことになる。EC事業者の海外向け販売支援と、アジア圏の海外配送網の拡大強化を一層、加速させたい考えだ。


中国・韓国・タイなどにも拡大へ


 EC事業者にとっては、ECMSの割安な配送手段を台湾向けに利用可能となり、今後は中国や韓国、香港、タイ、シンガポール、マレーシアなどにも拡大が見込める。倉庫会社はWMSの利用で、ECMS含む4つの海外配送キャリアの物流業務を効率的に運用できる。WMSは提携倉庫以外へのシステム単体での提供も可能という。

 世界の越境EC市場規模は急拡大しており、2020年まで毎年、対前年比20%以上の成長が続き、同年の市場規模は約9940億ドルに達する見通し(経済産業省調べ)だが、日本貿易振興機構の調査では、物流面に課題を感じている国内事業者は多い。1位は決済システムの信頼性(25.2%)、2位に商品配送にかかわるリスク(24.2%)が入り、人員不足、現地語への対応、制度や規制への情報不足とともに、5位に物流コストの高さが入っていた。




ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。