EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.11.05 通販会社

大塚商会3Q、たのめーる売上高は6.0%増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)大塚商会がこのほど発表した2019年12月期第3四半期(1~9月)連結決算は、売上高が前年同期比17.8%増の6670億9800万円、営業利益が同35.6%増の462億2700万円、純利益が同35.3%増の322億3900万円となった。

 

 

企業のPCリプレース需要で業績好調を後押し

 好調要因の一つは、Windows 7のサポート終了などに伴い、リプレースが進むパソコン需要だ。今期も前期以上に大きな需要が見込まれたことから、調達に障害が生じないようにと、一時的な倉庫の増床などの準備も行った。

 

 パソコン販売を含むシステムインテグレーション事業の売上高は4372億8400万円(前年同期比26.3%)を計上。7~9月のパソコン販売台数は約45万台で、同63%増(1~9月では約132万台・同57.9%増)の高い伸びを示した。また消費税増税対応もあり、パッケージソフトや受託ソフトなども順調だった。

 

 サービス&サポート事業の売上高は、2298億1400万円(前年同期比4.5%)。今期もオフィスサプライ通信販売事業「たのめーる」の競争力強化に努め、消費税増税前の駆け込み需要にも対応。サポート事業「たよれーる」とともに売上高を着実に伸ばした。

 !nextpage!

たのめーるは7~9月が二けた増収に

 「たのめーる」の売上高は、前年同期比6.0%増の1250億4400万円。7~9月(純第3四半期)は423億1700万円(同12.4%)を計上。9月時点の登録口座数は、18年9月から10万3334口座増加し、161万4695口座となった。

 

 通期業績予想と各事業見込みでは、企業のIT投資は今後も底堅く推移するものと予測。「たのめーる」の顧客ニーズに合った品揃えや商材の拡充、プライベートブランド商品「TANOSEE」の充実などを図り、サポート事業「たよれーる」では、総合的な運用代行型のサービスなど、顧客のIT人材不足を補完するサービスの開発を行う。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。