EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.10.30 調査・統計

商品購入に利用するデバイス、スマホがPCを抜く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 視聴行動分析サービスを提供するニールセンデジタル(株)は29日、消費者のマルチスクリーン利用状況についての分析結果を発表した。どの年代でも、インターネット利用デバイスはスマートフォン(スマホ)が主流になっていることが顕著に表れていた。

 

 

ネット利用は全世代でスマホがPCを上回る

 調査は9月上旬、「ニールセンデジタル・コンシューマー・データベース2019」をもとに、スマホ、パソコン、タブレットのいずれかのデバイスを通して、月1回以上インターネットを利用している全国の15歳以上の男女2984人を対象に実施した。

 

  年代別のデバイスの利用状況を見ると、どの年代でもスマホからのインターネット利用が最も多くなっていた。40代以下では80%以上がスマホからネットを利用し、50代でも利用率は80%近くとなっていた。昨年まではパソコンの利用がスマホを上回っていた60代以上でも、スマホの利用率は5ポイント増加。最も利用されているデバイスとなった。

 各デバイスの利用目的を見ると、2017年と比較して利用目的の順位に大きな変化はなかったものの、利用者の割合には変化が見られた。

!nextpage!

商品購入でもスマホがPCを逆転

 ショッピング関連のカテゴリーに注目すると、17年には約半数が「商品を購入するため」にスマホよりもパソコンを利用していたのに対し、19年にはパソコンが7ポイント減少、スマホが4ポイント増加し、利用デバイスが逆転した。「買い物に関する情報を得るため」には17年からすでにスマホの利用がパソコンを上回っていたが、2年でさらに3ポイント増加し、パソコンとの差が広がった。

 デジタルネイティブとも言われる30代以下のショッピング関連の動向に注目すると、オンラインでの購入経験の多いカテゴリーでは、実店舗で購入する際にもオンラインで検討していることが分かった。特にファッション、化粧品、電化製品は実店舗で購入する際にも、オンラインで検討する割合が最も高く、それぞれ約半数となっていた。

 

30代以下が信頼する情報ソース1位は「知人からの勧め」・2位が「ネットの意見」

 最後に30代以下がどのような情報を信頼するかを情報ソースごとに見ると、1位は「知人からの勧め」、2位は「オンラインに投稿された消費者の意見」、3位は「ブランドのウェブサイト」。それぞれ17年から信頼度が増加していた。

 

 中でも「オンラインに投稿された消費者の意見」は17年から12ポイント増加し、最も増加率が高くなっている情報源となっていた。また、17年と比較して、デジタルメディアは全般的に信頼度が高まっていた。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。