EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.08.02 ECモール

楽天スーパーロジ、20年に千葉と神奈川の2カ所に新センター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は1日、「楽天スーパーロジスティクス」新たな物流拠点を新たに2カ所設けることを発表した。現在、千葉県と兵庫県に2か所ずつと大阪府にある物流センターが順調に稼働率を上げ、2020年中頃に満床が見込まれることへの対応策だ。

 

習志野の拠点の外観イメージ

 

千葉・習志野と神奈川・大和の2カ所に新拠点

 新設する補完施設2か所は、野村不動産(株)が開発する千葉県習志野市の大型物流施設の全フロアと、(株)ダイワコーポレーションが運営する神奈川県大和市の大型物流施設「ニッセイロジスティクスセンター横浜町田」の一部フロア。近く貸借契約を結び、さらなる処理能力の向上をめざす。

!nextpage!

既存施設の満床見込み、稼働は2020年中頃

 千葉県の施設周辺は主要道が行き交い、アクセスに優れた配送拠点となりそうだ。延べ床面積は7.4万平方㍍で、安全性確保のための防災センターが設置され、カフェやドライバー休憩室が設置されるなど、雇用をサポートする設備が充実しているという。

 

 神奈川県の新施設は、延べ床面積9.5万平方㍍。東名高速道路の横浜町田ICから約4㌔で、広域にアクセス可能なエリアに位置する。大規模地震発生に備えた建物安全度判定サポートシステムの導入など、従業員の安全性を考慮した設備が充実している。

 

 動き始めるのは既存施設の稼働状況との兼ね合いで、どちらも2020年中頃の見込み。

 

 「楽天スーパーロジスティクス」は、「楽天市場」出店店舗の商品の保管から出荷までを一括で担う総合物流サービス。きめ細かなオペレーションで入荷から配送までの物流サービスを提供、安定したEC店舗運営に寄与している。物流業務をアウトソーシングすることで、店舗は商品企画や販売促進などの業務に集中できるという。

 

 楽天は、EC物流の健全化を目的に「楽天市場」における包括的な物流・配送サービスを構築する「ワンデリバリー」構想を掲げており、今回の「楽天スーパーロジスティクス」の物流センター新設もその一環となる。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。