EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.12.25 調査・統計

AI活用の配送ルートで配送成功率98%を達成、再配達9割削減も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)日本データサイエンス研究所が24日発表した「不在配送ゼロ化AIプロジェクト」で、配送ルーティングエンジンによる配送試験で98%の配送成功率を達成したことがわかった。

 

 

試験結果は国際学会に発表

 同試験は同社と東京大学大学院情報学環・越塚登研究室と工学系研究科田中謙司研究室らとともに実施。配送成功率98%という数値は、宅配の不在配送を9割以上削減することに相当するという。同成果は国際学会の学術論文として、「IEEE COMPSAC 2018」と「ICSCA2019」で採択されている。

!nextpage!

AIで在宅時間を予測

 同プロジェクトは、人工知能を活用した生産性向上を目的に、東京大学の研究室と東大発ベンチャーなどが実施したもの。今回新たに開発した「配送ルーティングエンジン」は、各戸に設置されたスマートメーターから取得される電力データをAIが学習し、配送時刻の在宅予測に基づき、在宅戸から優先的に配送するルートを自動生成する。

 

 配送試験は、18年9月6日~10月27日に東京大学構内で実施。人工知能作成した不在先を回避するルートを活用したことにより、配送成功率98%を達成した。さらに再配送が削減することで、移動距離も5%短縮されることも判明。「不在」というプライバシー情報が配送者に伝わることなく配送が可能となることから、個人情報保護も強化される。

 

 

 

AIとIoT技術の活用で不在配送を改善

 東京大学の越塚登教授は「AIとIoTの技術を適用することで、不在配送を効果的に解決できることが分かった。各戸のスマートメーターの情報を外部に出すことは、プライバシー上の懸念があるが、パーソナルデータを利用してプライバシーを守ることがわれわれの目的だ。人に知られたくないこと、プライバシーに関わることは、むしろ積極的にAIやロボットや機械に担わせた方が良い。こうした新しいサービスコンセプトが、今後あらゆる局面で重要になる」とコメントしている。

 

 今後、同社ではNextDrive(株)らと共同で、自治体での実証実験に取り組む予定で、同プロジェクトに賛同する物流企業と連携して22年度中の実用化を目指す。

 

不在配送ゼロ化AIプロジェクト

 

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。