EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.11.14 マーケティング

AIナオミが入電数を27%増加、キューサイがAIで通販番組制作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キューサイ(株)は13日、(株)NTTデータおよび(株)NTTデータ経営研究所と共同で、テレビショッピング番組の内容から顧客の問い合わせ電話数を予測するAIモデル「nAomI(ナオミ)」の技術開発を行い、入電件数の増加に成功したことを明らかにした。

 

 

NTTデータと共同でAIモデル「nAomI(ナオミ)」開発

 「nAomI」は、番組を視聴した顧客が商品に興味を持ち、電話を掛けるまでの反応を予測するAIモデル。7月に「nAomI」を活用して番組を制作したところ、従来の制作手法で同時期に放送した番組よりも入電件数が平均27.6%増加した。

 

 

!nextpage!

 キューサイグループでは以前から、番組放送前に顧客の反応を分析し反映する方法を模索していたが、精度・速度・コスト面などの問題から実現が難航。一方、NTTデータグループでは、脳科学や機械学習分野の技術のビジネス応用を進めていたことから、両者のノウハウを生かしてAI予測モデル「nAomI」を構築する運びとなった。

 

「nAomI」活用して制作したCMで入電件数が20%以上増加

 7月に行われた検証では、全国14のローカルテレビ局で放映される「ひざサポートコラーゲン‎」のテレビCMを検証対象として、従来の制作手法で制作した2番組と「nAomI」が制作した1番組を放映。その結果、「従来手法による番組1」に比べて「nAomI」が制作した番組では、入電数が平均29%増加したという。また「従来手法による番組2」との比較では、入電数が平均して24%増加した。両社では、「nAomI」を活用し、数千通りもの構成案を生成・評価することで、従来の方法では実現できない意外性の高い番組が制作できたのではないかと分析している。

 

 今回の結果を受け、キューサイの制作する各種の広告・情報コンテンツに「nAomI」を導入を拡大することを決定。より商品の魅力が伝わるコンテンツが制作できるよう同技術を進化させる考えを示している。具体的には、人間の脳活動の情報を用いて番組視聴中の情報処理をシミュレートし、行動誘発などを予測する技術を適用するとのこと。

 

■キューサイ

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。