EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.10.28 通販会社

千趣会3Qは46億円の純損失、2期連続で100億規模の赤字か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)千趣会が26日発表した2018年12月期第3四半期(1~9月)連結決算は、売上高が前年同期比10.3%減の810億2500万円、44億7600万円の営業損失(前年同期は27億7700万円の営業損失)、46億2300万円の純損失(同77億8600万円の純損失)となった。

 

EC施策が不発で通販事業が不振に

 ブライダル事業、法人事業、その他の事業は増収だったが、主力事業の通信販売事業が不振で大幅な赤字決算となった。

!nextpage!

 通信販売事業は、売上高が同15.2%減の620億9200万円、営業損失は52億8500万円となった。総合通販型から専門通販へのビジネスモデル転換に向け、販売チャネルのECシフトなどを進めたが、EC販促施策の不振による集客数の減少などで、大幅な減収減益となった。

 

業績予想を下方修正、通期は100億円規模の純損失に

 ブライダル事業は売上高が同8.4%増の134億7400万円、営業利益は同125.9%増の5億5000万円だった。法人事業は売上高が同6.9%増の38億5600万円、営業利益は同22.1%減の2億2600万円。子育て支援事業などのその他事業は、化粧品の製造販売会社(株)ユイット・ラボラトリーを子会社化した影響などで、売上高が同50.7%増の16億5900万円、営業利益は同416.9%増の6500万円となった。

 

 また、業績不振に伴い、18年12月期通期連結業績の予想値を下方修正。18年通期の売上高は前回予想値から65億円マイナスの1125億円。営業利益は同3億円から70~60億円の営業損失とした。純利益は同2億円から103億~90億円の純損失を予測。純損失は前年の110億円と同じ規模となり、2期連続で100億規模の赤字を計上する見通しとなった。

 

▽関連記事

千趣会が経営改善策、希望退職者280人募集・社長交代・本社売却

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。