三越伊勢丹、MIカードで不当表示…還元率8%の条件が不明瞭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁は8日、三越伊勢丹グループでクレジットカード事業を展開する(株)エムアイカードに対して景品表示法に基づく措置命令を出した。同社では入会促進の表示であたかも、いつでも還元率の高いポイントサービスを受けられるかのように表示していたが、実際は条件付きであり有利誤認を認定された。消費者庁は同日付で、クレジットカードに関する広告表示の留意点について事業者と消費者にあてた注意喚起も行った。

 

消費者庁が公開したエムアイカードの違反表示の一例

 

8%還元には例外条件も、打ち消し表示は無効と判断

 今回違反を認定されたのは、エムアイカードが今年4月1日から6月30日までの間に表示していた、クレジットカードの役務サービス「エムアイカードプラスゴールド」のウェブサイトの内容。同カードはウェブサイト上で「初年度ポイント率8%!」などと、あたかもいつでも8%のポイント還元を受けられるかのような表示をして利用者の募集を行っていた。ただ、実際には8%還元を受けるには「3000円未満の代金決済は1%還元」「ボーナス1回払いは1%」「セール品は対象外」など一定の条件を満たす必要があった。このことから消費者庁は、エムアイカードの表示について有利誤認表示を認定し景表法の措置命令に至った。

1 2

関連記事