2018.10.12

アマゾン知育・学習玩具大賞、『ピカちんキットシリーズ』が大賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンジャパン合同会社が11日発表した「Amazon知育・学習玩具大賞2018」で、自然原理を理解して楽しむおもちゃ『ピカちんキットシリーズ』が大賞を受賞した。プログラミング部門賞は『スフィロ・ミニ』、サイエンス部門賞は『シンクファン サーキット・メイズ』、英語部門賞は『ペチャット ボタン型スピーカー』がそれぞれ選出された。

 

『ピカちんキットシリーズ』

 

「英語・英会話」「科学技術・理系」分野の知育・学習玩具が人気に

 「知育・学習玩具大賞」は、Amazonで販売している国内外の数万点の知育・学習玩具の中から、Amazonカスタマーレビューの評価、脳研究・情操教育の分野で深い見識を持つ専門家や、英語に精通したAmazonの社員の意見をもとに選出する。

 

 大賞に輝いた『ピカちんキットシリーズ』は、アニメ『ポチっと発明 ピカちんキット』のおもちゃシリーズ。自然原理を理解して、自分の頭を使って工夫しながら課題を解決するという科学の基本的要素を、キャラクター性の高い玩具に盛り込んでいる点が評価された。

 

 

サイエンス部門賞に『シンクファン サーキット・メイズ』

 また、プログラミング部門賞を受賞した『スフィロ・ミニ』は、プログラミングにより、まるで生き物のような不規則な動きをする小型ロボティックボール。Appゲームや顔の表情でボールを操縦するフェイスドライブなど、多角的な遊びができ、プログラミングがより身近に感じられるといった点で評価された。

 

 今年新設されたサイエンス部門賞に選ばれた『シンクファン サーキット・メイズ』は、回路を正しくつなげて、LEDの明かりを点ける電気回路のパズルゲーム。電気回路という直感的に理解しづらいものにパズルの要素を取り入れることで分かりやすく、遊びながら学ぶことができることが評価された。

 

 今年8月にAmazonが実施した意識調査によると、グローバルな働き方や理数系の仕事ニーズが増える中、親の64%が「英語・英会話」、44%が「科学技術・理系」の分野の早期教育に関心があると回答している。また、子どもに与えたい知育玩具として、約6割の親が「英語・英会話系」「数字・数学系」のおもちゃを挙げるなど、英語や理数系の知育玩具のニーズが高まっている。

 

Amazon知育・学習玩具大賞2018

関連記事