2018.10.11

ヤフー、ビッグデータのスコア化を実証実験…12社1団体と協力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフー(株)は10日、同社が保有するビッグデータを基に開発したスコアを活用した実証実験を開始すると発表。(一社)シェアリングエコノミー協会や(株)一休など12社1団体の協力により、Yahoo! JAPAN IDユーザーに対する特典プログラムの実施やパートナー企業のサービス利便性向上、課題解決などを図る実験を行う。

 

 

Yahoo!IDに紐づくデータを基にスコアを機械的に算出

 今回の実証実験では、ID連携パートナー企業を対象に、IDに紐づくさまざまなビッグデータを基に機械的に算出したスコアを統計情報として提供。ユーザーにどのような便益をもたらすことができるのか、パートナー企業が抱える課題をどのように解決するかなどを検証する。本格開始は18年内となる予定で、当面は実証実験を繰り返し、サービスとしての可能性を図る。

 

 具体的には、シェアリングサービス領域では、スコアを活用することによる申し込み時の手続きの簡略化、保証金の免除、安心してモノの売買や貸し借りができる環境の構築を想定。予約領域では、スコアに応じて先行予約できるなどの特典付与を行う。

 

 なお、ユーザーのプライバシー保護への観点から、パートナー企業へのスコア提供は、ID連携時に掲出される「同意画面」で同意が得られたユーザーに限定し、スコアの作成を希望しないユーザーについては拒否できる仕組みを設ける。

 

通販系ではアスクルやイーブックなどが協力

 同実験への参画企業は次の通り。

 

 アスクル(株)/(株)イーブックイニシアティブジャパン/(株)一休/OpenStreet(株)(HELLO CYCLING)/(株)カービュー/(株)ガイアックス/コスモ石油マーケティング(株)/(一社)シェアリングエコノミー協会/ソフトバンク(株)(BLUU Smart Parking)/(株)TableCheck/パスレボ(株)/バリューコマース(株)/福岡ソフトバンクホークス(株)。

関連記事