2016.3.9

アマゾンが描く「先回りEC」とは?DB体験レポ…NY通信(8)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

定期的購入は、ボタンひとつで注文できる『Amazon Dash Button』で

 ニューヨークの寒い冬を快適に過ごす4つのAmazon関連サービスを連載で紹介していますが、次に紹介するのは、私が月に1〜2回程度使っている『Amazon Dash Button』。 同サービスは、特定の商品と紐付けられた専用のボタンを押すだけで、商品がAmazonのカートに入り、そのまま自動注文されるというものです。私はペーパータオルを頻繁に使うので、台所にペーパータオルと紐付いた『Amazon Dash Button』を置いています。注文から2営業日で届くように設定してあるので、ペーパータオルが残り1〜2本になったタイミングでボタンを押しています。 今回は体験レポートだけでなく、この『Amazon Dash Button』を通じてAmazonがどんな未来を想像しているのかを考えていきたいと思います。 それでは体験レポートです。

 

図1

 

 

 写真(上)は『Amazon Dash Button』のWi-Fi対応の小型端末です。この端末は、右側にある白いボタンを1回プッシュするだけで商品を注文できまる「お買い物専用ボタン」となっています。 ボタンにはそれぞれ商品が紐付けられており、よく購入する商品や、月に1回必ず買うものなどを設定し、端末をキッチンや洗面所などに貼り付けておきます。自宅から商品が無くなりかけたタイミングでボタンを押すと、自動でAmazonに注文が入るという仕組みになっています。また、オプションもあり、本数などは好みに応じて選べます。 現在のところ『Amazon Dash Button』は、AmazonのPrimeメンバー(年会費99ドル)を対象に販売されています。ボタン1個あたりの価格は、4.99ドル。 『household Supplies(家庭用品)』『Grocery(食料品)』『Beverages(飲料)』など6つのカテゴリで29種類のボタンがあり、2015年10月1日のBUSINESS INSIDERの記事によると、すでに30〜50万個の『Amazon Dash Button』が発送されているそうです。 『Amazon Dash Button』経由で初めて注文した場合に限り、4.99ドルの割引が適用されます。(私が利用した時には、なぜか1回目では割引されず、2回目で4.99ドルの割引がされました) 製品の動画紹介はこちらからご覧いただけます。

1 2

関連記事