2015.5.8

運送方法の詳細開示へ、通販で利用する宅配便サービスのトラブル防止策とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通販の継続的な成長に伴い、購入商品を運送するための宅配便の取扱規模も拡大の一途をたどっています(※1)。宅配便を利用する上で起きる遅延・破損・紛失等といった、様々なトラブルが国民生活センターや消費生活センターに寄せられていますが、国民生活センターでは、これらのトラブルは単に運送事業者の責任によるものだけではなく、通販事業者や消費者の取り組みと併せることで改善できるとしています。 国民生活センターでは、通販での宅配便利用における消費者相談情報を基に、運送事業・通販事業の両事業者団体へのヒアリングをふまえ、消費者トラブルを減らすため、消費者へのアドバイスと、事業者団体への要望を行いました。

———– 通信販売における宅配便トラブルを減らすために

-運送事業者・通販事業者・消費者、それぞれが取り組めること-

(国民生活センター 平成27年3月26日 ) ———–

1 2

関連記事