【4/22 東京】ECも業務停止の対象になる時代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年は改正特定商取引法違反で化粧品EC企業が初の業務停止・禁止命令の処分を受けました。
19年は薬機法の改正で課徴金制度が導入される予定となっており、単品通販への規制は激化すると見込まれます。

こうした状況を踏まえ、通販法務に強い丸の内ソレイユ法律事務所の敏腕弁護士が、これまでの景表法の処分事例に加え、近年の当局の法改正・運用の観点から、ECサイトが留意すべき表示と法的リスクの排除の方法について解説するセミナーに登壇します。

開催概要

イベント名 ECも業務停止の対象になる時代 ~専門弁護士が景表法・薬機法・特商法を踏まえたネット広告の留意点を解説~
開催日時 2019年04月22日
開催時間詳細 12:10~13:20
会場 東京ビッグサイト 西3ホール内 セミナーC会場
主催 株式会社日本流通産業新聞社
費用 2000円(税込)

セミナープログラム

※タイムスケジュール・プログラムは変更になる場合がございます。

講演テーマ:ECも業務停止の対象になる時代 ~専門弁護士が景表法・薬機法・特商法を踏まえたネット広告の留意点を解説~

18年は特商法違反で化粧品EC企業が業務停止命令の処分を受けた。
今年は薬機法の改正で課徴金制度が導入される予定となっている。
本セミナーではこれまでの景表法の処分事例に加え、近年の当局の法改正・運用の観点から、ECサイトが留意すべき表示と法的リスクの排除の方法について解説する。

 

講師:弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 成 眞海弁護士・ H&B部門企業法務リーダー

 

【プロフィール】
福岡県立筑紫丘高等学校 卒業
九州大学法学部 卒業
中央大学大学院法務研究科 卒業

職歴
平成23年2月 法律事務所海 入所
平成29年4月 弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 入所

「食品開発展」「健康開発展」「ダイエット&ビューティーフェア」
「ウェルネスフードフェアジャパン」など各種イベントで広告規制に関するセミナー開催
エステティック通信にて連載のほか、メディアにおいて景表法等についての解説など。

 

お申込みについて

■ お申込みは一名様毎にお願い致します。一度に複数名のお申込みはできませんのでご了承ください。
■ お申込みが定員に達し次第お申込みを締め切りとさせていただきます。
■事業が競合する方からのお申込みの場合は、参加をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
■お申込時のお客様情報に虚偽が発覚した場合、応募が無効となる場合がございます。
■当セミナーは企業のご担当者様を対象としています。企業に所属されていない方のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。

お申込み方法

セミナーへのご参加を希望の場合は下記Webサイトよりお申込みください。

 

■セミナー申し込みページ

 

※お申し込み後のご連絡につきましては、セミナーの運営事務局よりご連絡いたします。