3/22 東京 JADMAサプリ塾 第9回テーマ 「景表法の徹底研究—痩身効果を中心に」 元公取委地主園調査役、「最後の講義」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
公益社団法人日本通信販売協会は3月22日(金)、東京のAP東京八重洲通りで「サプリ塾」の
第9回講義を開催します。
今回は、サプリメントを広告する上で、現在最も注意すべき法律である景品表示法について徹底研究を行います。
特に機能性表示食品さえも違反に問われ、景品表示法上問題となることが多い痩身効果の表示について、
どこが違反のポイントなのかを実際の事例に沿って読み解きます。

講師は、公正取引委員会で景品表示法違反事件を指揮した協会の地主園彰治調査役と、消費者庁表示
対策課で課長補佐を務めた植木正樹調査役です。地主園調査役は、公取委時代を含めて約20年間景品
表示法に関わってきた、広告表示のエキスパートですが、この3月で調査役を退任することになり、
今回が最後の講義となります。
消費者に分かりやすく魅力的な表示を行い、かつ景品表示法違反をどう未然に防ぐかについて、
長年の経験から培った考え方をお話しします。
景品表示法について、ある程度の知識を有する法務や考査、広告制作の担当者が主な対象です。
参加は別添の申込書に記入の上FAXいただくか、下記記載のWEBフォームよりご登録ください。

開催概要

イベント名 3/22 東京 JADMAサプリ塾 第9回テーマ 「景表法の徹底研究—痩身効果を中心に」 元公取委地主園調査役、「最後の講義」
開催日時 2019年03月22日
開催時間詳細 14:30~17:30(予定) 受付開始 14:00~
会場 AP東京八重洲通り 11階 【会議室L】
主催 公益社団法人日本通信販売協会
対象 経営トップから担当まで
費用 JADMA会員 3,000円 / 一般 6,000円 (お一人様/税込)

セミナープログラム

※タイムスケジュール・プログラムは変更になる場合がございます。

【プログラム】 (予定)
1.「景品表示法の歴史と表示規制運用の変化について」
◎講師: JADMA調査役(元・消費者庁表示対策課課長補佐)植木 正樹

2.「最も危険な痩身広告、どこがなぜ違反なのかを徹底検証する」
◎講師: JADMA調査役(元・景品表示監視室上席監視官)地主園 彰治

3.パネルディスカッション「景品表示法違反とならないために」
◎講師: 地主園彰治調査役、植木正樹調査役、業界関係者など

お申込みについて

【参 加 費】 JADMA会員 3,000円 / 一般 6,000円 (お一人様/税込)
振込口座 みずほ銀行 新橋支店(普)1703883
店番号 130 金融コード 0001 口座名 公益社団法人日本通信販売協会

【定 員】 100名(先着順、定員になり次第締め切ります)
【申 込 締 切】 3月14日(木)
【申 込 方 法】 WEB申込フォーム(https://39auto.biz/jadma1983/touroku/supple0322.htm)
よりご登録いただくか、下記申込用紙を記載の上、FAXにてお申込み下さい。
※FAXにてお申し込みの場合、ご担当者様のEmailアドレス宛へ、3営業日以内に確認のメールを
お送りいたします。
メールが届かない場合は、お手数ですが事務局(TEL:03-5651-1155)までご連絡ください。

お申込み方法

セミナーへのご参加を希望の場合は下記Webサイトよりお申込みください。

URL:https://39auto.biz/jadma1983/touroku/supple0322.htm

※お申し込み後のご連絡につきましては、セミナーの運営事務局よりご連絡いたします。