「要指導医薬品」の指定取消訴訟、ケンコーコムが敗訴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット販売が一定期間禁止されている「要指導医薬品」(スイッチOTC薬品など)について、「要指定医薬品」に指定された一部の製剤の指定取り消しを求め、Rakuten Direct(株)(旧社名ケンコーコム)が厚生労働省を相手に提訴していた裁判で、東京地方裁判所は18日、原告の訴えを棄却した。

 

 Rakuten Directは「今回の判決は承服しがたいもので、判決の内容を慎重に検討した上で、今後の方針を決定する」とコメントしている。

 

1 2

関連記事