バストアップサプリに表示違反、消費者庁が措置命令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サプリメントを飲むだけで豊胸と痩身効果が得られると自社通販サイトで表示していたとして、消費者庁は30日、(株)ミーロードに景品表示法に基づく措置命令を出した。

 

 対象商品は、プエラリアを配合したサプリメント『B-UP』。消費者庁によると、同社は2016年1月1日から7月10日にかけ、自社通販サイト「オーガニックレーベル」に「バストUPとスリムUPを同時にかなえるスタイルUPサプリの決定版!」「Gカップでも57.8kg→47kg -10.8kg」「女子力UPに胸ふくらむ!!」など、対象商品を摂取するだけで、豊胸効果と痩身効果が得られるかのように表示していた。

 

 消費者庁が景表法に基づき、同社に表示の裏付けとなる合理的根拠の提出を求めたが、同社から提出された資料は、合理的な根拠を示すものとは認められなかった。

 

 消費者は景表法に違反していた旨を一般消費者に周知すること、同様の表示をしないこと、再発防止策を講じることなどの措置命令を出した。

 

 同社は自社サイトに、「消費者庁からの措置命令に関するお詫びとお知らせ」と題した謝罪文を掲載している。

関連記事