水素水ウォーターサーバーで出火、自主回収を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 経済産業省は17日、(株)スイソサムが輸入した水素水ウォーターサーバーから出火し、製品の火災が発生したと発表した。

 

 経産省によると、対象製品は12年7月から16年3月まで販売された水素水サーバー「WP-1000S」で、対象台数は285台。出火原因は、制御基盤の不具合による過電流と見られている。

 

 同社は17日にホームページで対象製品を無償で交換すると発表し、販売店などへの協力を要請した。経産省は、対象製品を持っている人に対し、直ちに使用を中止し、販売店などに問い合わせることを呼びかけている。

関連記事