水素商品で痩身効果などを表示、消費者庁が3社に措置命令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 水素関連商品の痩身効果や炎症抑制をWEBサイトに表示していたとして、消費者庁は3日、(株)マハロ、(株)メロディアンハーモニーファイン、千代田薬品工業(株)の3社に、景品表示法に基づく措置命令を出した。

 

 対象商品は、マハロの清涼飲料水『ビガ-ブライトEX』、メロディアンハーモニーファインの清涼飲料水『水素たっぷりおいしい水』、千代田薬品工業のサプリメント『ナチュラ水素』。

 

 消費者庁によると、マハロと千代田薬品工業が、対象商品を摂取して、運動や食事制限をすることなく、著しい痩身効果が得られるかのように、メロディアンハーモニーが対象製品の摂取で炎症を抑制し、肩こりや筋肉痛を軽減、ニキビ、吹き出もの、かぶれを解消する効果が得られるかのように、それぞれのWEBサイトで表示していた。3社に対して表示の裏付けとなる資料の提出を求めたところ、メロディアンハーモニーと千代田薬品工業から資料が提出されたが、合理的な根拠を示すものとは認められなかった。

 

 消費者庁は、3社に対し、景表法に違反していた旨を一般消費者に周知徹底すること、今後同様の表示を行わないこと、などの措置命令を出した。

関連記事