アスクル物流センター火災、排煙設備不足で延焼が長期化か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image アスクル(株)の物流センター「ASKUL Logi PARK 首都圏」(埼玉県入間郡三芳町)で16日に起きた火災は、火災発生から4日を経過した20日現在(15時)も、消火の見通しが立っていない。

 

 三芳町はアスクルの西側にある6軒16人に避難勧告を出し、3世帯10人が民間宿泊施設に避難している。また、マスコミ報道で建物が倒壊する可能性が報じられているが、現地の消防によると「倒壊する恐れはない」(11時52分現在)としている。三芳町は火災で発生する煙について、マスクの着用を呼びかけ、同社での現地でマスクを配布している。

1 2

関連記事