ベネッセ、乳幼児用玩具を自主回収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image (株)ベネッセコーポレーションは1月30日、2016年11月から販売していた乳幼児向け玩具のパーツが外れてしまう可能性が判明し、対象商品5500個を自主回収すると発表した。

 

 同商品は玩具付き絵本『脳がすくすく!ふりふりねこちゃん』の玩具で、乳幼児が外れたパーツを口に入れると窒息のおそれもあることから、販売を中止し、自主回収を決断した。現時点で、商品購入者の誤飲や健康被害は確認されていない。同商品は全国の書店や、通販サイトで販売されていた。  

 同社は自社ホームページや新聞紙面で勤告するほか、お客様窓口での問い合わせ対応を実施し、商品の回収・返金をしている。

関連記事