東京都とヤマト運輸、水上バスを活用した「客貨混載」の実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京都と(公財)東京都公園協会、ヤマト運輸(株)は10日、公園協会が旅客運航する水上バスを活用し、旅客と荷物を輸送する「客貨混載」の実証実験を開始する。

 

「モーダルシフト」と物資輸送の可能性を検証

 同実証実験は、物資輸送に水上バスが活用できるかどうかを検証するもの。模擬貨物(実験用コンテナ)を利用して、東京都を訪れた観光客の荷物を水上バスで輸送し、荷役時間や必要人員、旅客輸送への影響などを確認する。ルートは、浅草(二天門)、墨田区吾妻橋、両国、明石町・聖路加ガーデン前の各船着場間。期間は10日から31日まで。

 

 ヤマト運輸は、環境負荷低減に向けてトラックから鉄道や海運に配送方法をシフトする「モーダルシフト」を推進している。また、東京都・公園協会は、災害時に帰宅困難者と医療器材や救援物資を水上バスで円滑に輸送することを目指している。今回の実証実験は、三者の方向性が一致したことで実施される。

 

関連記事