2017.7.20

ネットプロテクションズとキヤノン、フィンテック領域で協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ネットプロテクションズとキヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ(株)は19日、フィンテック領域での協業と、ディープラーニング(深層学習)を活用した与信審査AI(人工知能)および言語処理技術を用いた取引明細データ活用の分野での共同実証実験を本格的に開始すると発表した。

 

 

(左)キヤノンITソリューションズ 上席執行役員 斉藤智秀 氏、(右)ネットプロテクションズ CTO 鈴木史朗 氏

与信審査AIで判定精度が約5倍に改善

 これまでの実験では、キヤノンの先進技術開発部が独自に開発した「AI開発基盤」環境を用い、ディープラーニング技術を活用した与信審査AIの実証実験を展開。判定精度が約5倍と大きく改善したことなどから、将来的に与信システム運用環境へ実装する計画を立てた。このほか、審査対象取引の情報自体から得られる傾向などを用いて、貸し倒れリスクを算出するといった新たなアプローチの実証実験を共同で実施している。

1 2

関連記事