トランスコスモスのコールセンター休憩所が『ハローキティ』に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランスコスモス(株)は3日、従業員満足(ES)向上の取り組みの一環として、コールセンター内の壁面などを(株)サンリオの『ハローキティ』のイラストに刷新した。世代を超えて愛される『ハローキティ』を導入することで、職場の雰囲気を明るくし、職場環境の改善、従業員のモチベーション向上を図る。

 

 

『ハローキティ』でリラックスする環境を整備

 『ハローキティ』が導入されたのは、MCMセンター多摩リフレッシュルームと、MCMセンター那覇「kiitos(キートス)」、MCMセンター那覇県庁前「おしごとカフェ」。MCMセンター多摩は、リフレッシュルームの壁面に多摩のキャラクター『たまごちゃん』と『ハローキティ』を採用し、空と自然を感じる町並みを取り入れた。同センターでの地域密着イベント(ハロウィンなど)時に、家族で楽しめるデザインとなっている。

 

 また、MCMセンター那覇県庁前では、オープンスペース「おしごとカフェ」の壁面に沖縄のキャラクター『HITO(ヒート)くん』と共に採用。沖縄の青い空、沖縄らしい街並み、ハイビスカスを用いて来場者やお子様にも楽しめるデザインに仕上げた。

 

 トランスコスモスでは、ES向上を目指した職場環境づくりに努めており、特にコールセンター拠点では、清潔感があり働きやすさを追求したオフィス設計やリラックスできる休憩室の設置など、従業員の意見を取り入れたオフィス設計を行ってきた。さらに、女性が多い拠点では女性活躍推進プロジェクト主導のもと、パウダールーム、カフェ風のリフレッシュスペース、キッズルームの設置や、ドライヤー・ヘアアイロンの常設など、従業員が働きやすい環境を整えている。

関連記事