宅配便ロッカー『PUDOステーション』が駅やスーパーに設置拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

再配達削減に向けてヤマト運輸(株)が普及拡大に取り組むオープン型宅配便ロッカー『PUDO(プドー)ステーション』が、駅やスーパー、パーキングなどでの急速に設置数を伸ばしている。

 

 

 

ライフ全店に『PUDOステーション』設置へ

 ヤマト運輸と仏・ネオポスト社の合弁会社であるPackcity Japan(株)は、オープン型宅配便ロッカー『PUDOステーション』を6月29日に湘南モノレールの西鎌倉駅、1日には京成電鉄の6駅、10日にはスーパーマーケット「ライフ」の14店舗で運用を開始する。

1 2

関連記事