大日本印刷、東京・福岡にBPO運用拠点を新設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大日本印刷(株)(DNP)は6月30日、東京都(新宿区)と福岡県(福岡市)にBPO運用拠点を新設すると発表した。これによりDNPのBPOセンターは全国で13拠点となる。

 

BPO体制強化で幅広いサービスを提供へ

 新設されるのは、榎町ソリューションセンター(新宿)、福岡ソリューションセンターの2拠点。ともにDNPのグループ会社の(株)DNPデータテクノが運営する。DNPのBPOセンターは他に、札幌ソリューションセンター(SC)、高島平SC、名古屋SC、なんばSC、宜野湾SCなど11拠点があり、今回のBPO体制の強化により、インターネット経由で最適な情報を最適なタイミングで届けることが可能となる。また、販促効果を高めるデジタルマーケティングの運用など、より幅広い業務分野でBPOサービスが提供できるようになる。19年度までの売り上げ目標(3年間累計)は、新拠点だけで300億円を見込んでいる。

1 2

関連記事