2017.6.19

ヤマト運輸、宅急便の時間指定枠「12―14時」を廃止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマト運輸は19日、宅急便の配達時間帯指定枠を変更し、「12時から14時まで」の時間指定枠を廃止した。また、「20時~21時」の枠を「19時~21時」に変更した。

 

 配達指定時間枠の変更は、同社の「働き方改革」の一環として実施され、「12時から14時まで」の指定時間枠を廃止し、ドライバーの昼の休憩時間を確保する。また、「20時~21時」の指定時間枠は、社員の長時間労働の一因となっていたため、「19時~21時」に変更した。指定時間枠の変更は3月に発表され、ヤマト運輸を利用する各通販会社は、通販サイトなどで商品の受け取り時間指定枠の変更を告知していた。

1 2

関連記事