トランスコスモス、AIプラットフォーム「DataRobot」導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランスコスモス(株)は5月31日、同社のサービス部門・管理部門にAIプラットフォーム「DataRobot」(DR)を導入したと発表した。

日本直販、DR利用で売上予測値の150%増

 「DataRobot」は、機械学習を自動化・簡素化する機械学習プラットフォーム。機械学習を企業で取り組む場合、AI・機械学習を使いこなせる専門性の高いデータサイエンティストが必要となるが、「DataRobot」を活用することで、簡単に機械学習を自動化できる。

 

 トランスコスモスでは、「DataRobot」をデジタルマーケティングやEC、コールセンターなどのサービス部門・管理部門に導入。さらにそれを使いこなせるデータサイエンティストを100人以上育成する。また、自社の成功事例や人材育成ノウハウを活用し、「DataRobot Japan」のリセールパートナーとして、顧客企業向けに関連サービスの提供を始める。

 

 「DataRobot」は、同社が運営する通販ブランド「日本直販」のダイレクトメールやカタログ配信などのリストマネジメント業務ですでに活用されており、従来のデータサイエンティストが構築した予測モデルと比べて売上150%増、リスト管理業務工数50%カットという、想定を大幅に上回る成果を上げている。

関連記事